無料で相談出来る事

弁護士の無料相談に際し、一部の方々は「無料で問題を全てクリアしてもらえる」と捉え違えてしまわれる傾向が見られますが、弁護士はボランティアではなく、法律事務所は経済社会に於ける営利目的の法人組織に他なりません。無料サービス実施の目的は、借金問題その他にお悩みの多くの方々に、弁護士への相談なる選択肢が存在する事を知らせる目的、そして正式に問題解決依頼を取り付ける「営業の一環」としての側面が存在していて当然です。

無料相談サービスは基本1人1回限り、時間制限も設定されており、相談者から現状報告を受けての現在の状況の確認からの説明と、債務整理という問題解決法の紹介、更に時間的に余裕があれば、各々の選択肢に関する更に深い説明が受けられます。限られた時間内でより多くの有益なアドバイスを引き出すには、事前の資料などの準備と面談に際してのシミュレーションが欠かせず、無料相談を活かすも無意味にするも、相談者側の姿勢と準備が要となる点を踏まえておいてください。

また相談に際しては金額などの数値面は正直に過不足なく弁護士に伝えねばなりません。この基礎的なデータが現実と違っていれば、その後のアドバイスなど、弁護士が届ける全ての内容が現実から逸れてしまい本末転倒です。